カテゴリ:
どうもお元気ですか?今日は気分転換に5キロほど歩いたサイです。途中、中国語で道を聞かれて、「ああ、この道まっすぐ、で、三叉路を右折、直進してバス停が見えたら左折したらええよ」と答えました。そのあたりは一方通行道路が多いので、難しいんですよね。地図好きが生かせたので良かったです。


さて、昨夜は教授に相談をしました。最終試験が不安すぎる、と(笑)まあこんなざっくりした話ではなく具体的に勉強の相談に乗っていただきました!よかった。この教授はとてもとてもとても親しみやすく、こんなに親身な教授がいらっしゃるのか!!!と感動しました(笑)他の教授は、良くも悪くも研究者という感じです。それはそれでとても贅沢な環境ですが。


あ、そうそう。最近オンライン試験の不正を防ぐべく、監督ソフトが導入されたんですね。今までは、試験のブラウザを開きながら、授業ノートを閲覧することや講義の資料を参照することが可能でした。もちろん、試験はオープンブックと言って、そのように試験中に調べてもいいものでしたが。

しかし、替え玉受験や友達と相談しながらの受験が可能であること、クローズドブックの試験が行えないことなどがその課題でした。そこで、大学がソフトを導入し試験監督はAIが担うことになりました。ドラえもんの時代ですから、こんなソフトもあるようです。知らなかった。

先日、お試し会があって私も参加したのですが、IDを示したり(パスポートや学生証、在留カードなど公的で顔写真付きのもの)、机の上をカメラで写したり、声を出して音声を登録したりする必要がありました。

試験中は他のブラウザが閲覧できませんでした。それだけでなく、時刻、充電残量、インターネットコネクションなどすべてが見えず…また、右クリックも無効になっていました。離席や不審な行為は全てチェックされるようです。画面と顔は録画・録音されます。独り言を言わないようにしなくちゃ(笑)

お手洗いに行きたくなったらどうしたらいいですか、試験中に飲食は可能ですか、ネットが切れたらどうしたらいいですか、エクセルが必要な試験やプログラミング演習はどうしたらいいですか・・・など学生からは質問が噴出。

プライバシー保護についてどうお考えですか、ソフトの安全性は誰が担保しますか?などの法的な質問も出ました。


最終的にこのソフトを使うかどうかは教授の判断に依存するそうですが、今現在、使わない場合は合理的な理由を教授が大学の技術部門に申請する必要があるようです。この辺のルールも今後正式に決まるのかな?

プライバシーに関してはん~…私はちょっと汚い部屋を晒すことになったので、やや抵抗はありました(笑)
また、明確にどんな行為がAIに弾かれるのか大学側がきちんと説明していないので、学生の不安感はぬぐえないのだろうと思います。

現在はそのテストランを踏まえて、今後の利用計画を立てるようです。どうなるか分かりませんが、この国は、とりあえず走りながらコース修正することが多い気がします。今回も、使いながら改善していくのでしょう。という、報告。


今日は朝8:30から勉強をはじめ、18:00までテスト勉強をしました。その後歩きに出かけて、21:00~22:00まで課題。終わんね…あとヘビー級課題4つあるのですが、テストもボチボチ始まるのでその勉強もしたい。

明日もこんな感じかな~、明後日もそうだな~。ロックダウンなのでね、今学期が終わるまでの一か月半くらいこんな生活かな~~~。

キラキラ・文武両道・青春.。゚+.(・∀・)゚+.゚とは程遠い泥臭さです。

ここは、進学校みたいに、校風は自由、競争社会、授業スピードが速い、自分の予復習ベースの学習、課題が山盛りという感じ。こんなリアルなこと書くと、誰にも夢を与えないかな(笑)

ずっと試験前の高校生みたいな気分なので、気持ちが若返る(笑)永遠の18、受験生あはは!

おやすみなさい!