Wikiによると卒業論文(卒論)とは、大学および高等専門学校に所属する主に最終学年の学生が、その最終学年の1年間を通して行う「卒業研究の成果として提出する論文」のことである、らしいです。

私は一年生ですが、今、卒論テーマ決めをしています。昨日はお世話になっている大学院の先輩とテーマの相談をしました。外でご飯を食べていたのですが、その時ちょうど別の学部の先輩と遭遇しました。彼とは一年ぶりの再会だったので、懐かしかったです。

その先輩にも相談したのですが、一年の時に決めたテーマで卒論を書くから、後々テーマ変更をするとなるとトラブルになると言われました。だから、しっかり考えるように、と。

また、指導教員がちょっとだけ、ちょーっとだけ厳しい教授で、私はびくびくしています。

とりあえず、データ収集の方法などについて、クラスの代表に質問して、彼から教授に聞いてもらいました。教授からの回答は、今度の授業で話します、と。悩ましい。

ゼミがあるわけではないので、周囲に政治や安全保障に明るい人がいるかいないかで、課題設定のクオリティが左右される気がします。特に今はオフラインで教授と話す…ということもないし、そもそもクラスメイトとも意見交換できるわけでもないので、なかなか難しいですね。

私は安全保障の勉強がしたくてこの大学に入ったので、三本提案を出すうち、全てをその関連にしました。東南アジアの安全保障を軸にしています。これで通るといいのですが…。

学生同士持ちつ持たれつ大学生活を送るつもりだったのですが、私は周囲に大いに持たれつつ、勉強しています。この借りは必ず返します!!



今朝は自炊をしました。もやし炒めにしようかなと思ったのですが、お肉がまだあったので早めに食べることにしました。付け合わせはこの前買ったジャガイモ。包丁で皮をむいて、短冊切りにした後塩で炒めました。その上にステーキ!

朝からパワフルメニューです。ああ、作りすぎちゃったな、と思ったのですが、余裕で完食できましたあはは!

もやしはお昼に食べようかな、あとジャガイモ炒めは夕飯にしようかな。

傷まないうちに炒めて食べます!!

ああ、大きなバケツサイズのヨーグルトが冷蔵庫にあるんだった…冷蔵庫を開けるたびに、どでかいヨーグルトと目が合って、食べよう食べようと思っていたんですが。

発酵食品なのでね、ここでもっとじっくり熟成させてもいいんじゃないかなと思いますね(食べ忘れ続けている)。

追い熟成。