最近、一学期の成績が発表されたので、自分のアカウントにログインして、結果を見ました。

一学期目は大学のシステムに慣れることや、オンライン授業の中でメリハリのある生活をすることが最初の課題でした。中間テストでは9割取るのがやっとだったで、あのあたりで勉強方法を見直したり、エッセイの書き方を一から学びなおしました。自分のスタート地点を自覚して焦りました。時間はかかりましたが、結果的には九割以上の成績を収めることに繋がりました。歓喜。

友人には、分からないことがあったらよく質問させてもらって、多くを助けられました。 また特に、マレー語で受けた科目に関しては、Aを取ることができたのはあるクラスメイトのおかげでした。喜びと感謝の報告をすると、「サイの努力が評価されたんだよ。自分の成果だと思って胸を張ってね」と言われ、つくづくいい友人に恵まれたなと思いました。

科目によっては期末試験で八割五分しか取れず、Aの可能性は散ったなと悔しいままだったのですが、中間テストと課題がそれをカバーしてくれたようで、無事Aが取れました。今は、テストの結果に一喜一憂する必要は全くなかったと感じます。物事はもっと総合的に判断すべきだと感じました。 一方で、一番悪かったグレードはB⁺で、知識不足を痛感しました。分からない部分を放置せず、失敗したところは反省して、次は失敗するにしてももっと上手にしようと思います。

全体としてはおおむね満足していますが、成績開示の日が来るのは本当にドキドキしながら待っていました。朝から友人と、「いよいよじゃん」と胃を痛めていました。結果を見て一番に両親に報告しました。祖母にも伝えるととても喜んでくれました。「どんな結果でも、おめでとう」という合言葉でバッチメイトと称え合いました。

一番お世話になっている、シンガポールからの先輩にも報告をしました。とても喜んでくれました。入学したときから、事あるごとに相談に乗ってもらっていて、成績に対してだいぶ楽観的な見方ができるようになったのも彼のおかげでした。彼は楽天家なので、良い影響を受けることができました。

私の通う大学は成績に関して非常に神経質で、苦手な人は苦手だろうな~という環境です。しかし、その分与えられるチャンスも多いです。交換留学、やっぱり行きたいと思います。 もうすぐ、春学期が始まります。Try again, fail again, fail betterの精神で行きましょう。