カテゴリ:
こんにちは、サイです。第一学期の全履修 大公開1の後編です。


倫理と文明(全学共通・必修)

概要
マレーシアの歴史を振り返り、新たな文明が次々と波のように入ってきた過去を学びます。
グループワークが多く、私のチームメイトは情報学科から三人、言語学科から一人というメンバーでした。このグループではリーダーをしましたが、全体としてのモチベーション維持が大変でした。

中間試験
プレゼン動画作成で、規格は自由なので、個性が出て面白かったです。


期末試験
グループエッセイで、マラッカ王国の交易について書きました。先行研究の論文を読み、批評してまとめる文献レビューも必要でした。

情報リテラシ(全学共通・必修)

概要
論文の書き方、論文の探し方を学ぶ科目です。APAという論文の規格など。

中間試験
選択問題で、APAの問題が多かったです。


期末試験
自動的に割り当てられたトピックでエッセイを書きました。文献の数は最低でも10必要でした。私のテーマは『不登校とその対策』でした。それまでに行った課題と併せてファイルを提出するのですが、それをまとめるのが本当に骨の折れる作業でした。


また、選択問題は60問程度でした。

マレー語(留学生共通・必修)

概要
マレー語の基礎を学びます。


中間試験
私のグループは、家族がそれぞれ活動しているイラストを見て、それを細かく描写しました。


期末試験
プレゼン動画の作成。あと筆記としては長文読解、文の並び替えなど。プレゼンは原稿を暗記し、五分くらい喋りました。





長くなりましたが、今期の履修はこんな感じでした。

金曜日はお祈りの関係で講義がそもそもあまり入らないので、私はこれらの科目を月曜日から木曜日の間で学びました。




リラックスできたのは中間休みでした。一週間ほどあったので先輩を訪れ、近くの大学の友人に会いに行ったりのんびり過ごしました。彼らは医療系学部に通っていて、実習や修論で忙しそうでしたが、夕方からはのんびりできました。観光もイルミネーションも楽しめました。

ちょうどその時は丸二日間行われる模擬国連の前で、私は世界保健機関の日本担当だったので、立場を表明するエッセイをいくつも用意する必要がありました(文献リストが必要だった)。バイオテロリズム対策がメインの議題で、一か月半前から色々調べていました。

また、日本の医療についてちょこちょこ調べてはエッセイを書いていました。ちょうど医療は彼らの専攻なので、チラッと話したのですが、難しいねぇで終わりました。私は他力本願だったのを反省して(笑)、締め切りまでに急いでエッセイを完成させ議長に提出しました。

模擬国連当日には、スピーチを十回程度しました。しかし、ニュージーランド代表がもうめちゃくちゃに弁が立つ人で、ずっと押され負けしました。彼女は法学部の三年生だったので、ああやっぱりか、と思いました。アメリカの弁護士ドラマのSUITSを思い出しました。かっこよかったです。

感想一言、難しいねぇ。


様々な科目を履修し、このような任意の勉強イベントにもいくつか出たこの一学期の中で、一番難しかったのはぶっちぎりで模擬国連でした。良い経験でした!