最近急に寒くなりましたね。先日、お昼にホテルの中華を食べに行ったのですが、その帰りにホテルの中に入っている洋服店であたたかそうなカーディガンを見つけました。とてもきれいな色だったのと、カシミアにしては安価だったので購入しました。丁寧にお手入れして着ようと思います!わーい!!

そうそう、昨日は用事があったので、少し遠くへ出かけました。到着後すこし時間があったので、スタバで休憩。ドリップコーヒーを頼むと、店員さんがその日のブレンドを教えてくれまして。昨日は東京ローストでした。その日の前日は、別店舗でナントカナントカブレンドを頂いていたのですが、東京の方が酸味が弱くて飲みやすさがありました。これが日本人好みということかな?

そして、コーヒーを飲みながら大学の勉強の予習をすることにしました。スマホからデータベースにアクセスできるので、大変便利。『予習ってことで勉強してきてね~』と配布されていた政治理論のPPTスライドを読みました。例によって、ギチギチに文字を詰めた読み物です。全部で150ページあるので、もはや本(笑)

私は一度読むだけでは理解できないので、三周くらい読んでいます。昨日読んだのはマルキシズムのあたり。その時に、『うわ~~~全部聞いたことあるやん~~知ってる~~~』と既習感に似たものを覚えました。なぜ???

それで、思い出しました。

以前、アメリカで修士を取った中華系の先輩が、在学中あるアイビーリーグの一校で開催されたイマニュエル・ウォーラーステインという米国の学者の指導生徒が登壇する、講座を聞きに行ったか何かで、その思い出話を熱っぽく語ってくれたことがありました。

その時私は高校三年の終わり頃だったので、従属理論や世界システム論などを嚙み砕いて説明されても、分かったような分からないような。彼からすると、自分にとって親和性の高いイデオロギーの話を、理論の提唱者に近い人から聞けた、という興奮があったようでした。

彼は何時間か懇切丁寧にその理論の説明をしてくれたのですが、結局「まぁ、大学入ったら勉強するか。今日はもうその話やめようか~」と彼がさじを投げた、思い出の?苦い?理論です(笑)

今ならそのわくわくがよくわかります。

教科書の中の人じゃん~!!みたいな(笑)そんな軽くないと思うけど。
学問自体の歴史が比較的浅いので、教科書に載っている方たちが現役、ということもあるある。流石に、古典の分野ではなかなか同じ時代に…ということは無いのですが、新興の理論のページではそういうことがままあります。

例えば、生まれた時代が違ったら、卑弥呼ってどんなお姫様だったんだろ~と抽象的な興味が先行しますが、同じ時代の人であれば「あのニュースも知っているはず」とか「あの映画みたかな?」などと、より身近に感じます。

たぶん、彼が共有したかったのは、その講座を受けることができた喜びだけではなく、教科書の中の人が単なる歴史上の人物ではなく、そこにいらっしゃっる、いらっしゃった生身の人間として思えたで!!という嬉しさだった、のかも。分からないけど。

まあ私の反応が思っていた以上に素っ気なくて、暖簾に腕押しって感じだったんだと思います。いやー、理解するのに二年半かかった。

既習感の正体が分かったので満足。おまたせ理解。

履修登録を完了するまで

今日が履修登録最終日だったので、登録を確定させました。全20時間分を3日で取るので、6.7時間/日くらい?

まずは、MAYAにアクセス。(ここでは、学費の支払い、履修登録、試験結果閲覧、入寮申請、奨学金申請などあらゆる登録ができる)

Enrolmentから、登録をします。その前に、右下のタイムテーブルのページであらかたの時間を調べておくことも忘れずに。なお、Resultのページでは学期を終えると成績をダウンロードでき、過去のGPAも確認できる。

Screenshot 2021-10-08 at 13-59-15 e Vision Portal

















次に、授業の教材や提出物を一括管理するサイト、Spectrumへアクセス。

Screenshot 2021-10-08 at 14-06-42 SPeCTRUM V3(ホーム画面から、不正には厳罰を下すというメッセージが伝わりますね)

ログイン後、Fetch from MAYAというボタンが、右下のアナウンスメント欄に出るのでそこをクリック。

登録学期を選択し、履修登録した科目が全て表示されたら確認ボタンを押す。


以上で履修登録は完了。

なお、Spectrumのそれぞれの科目のページで、アナウンスメントがあるのでそれに従う。予習、教科書の購入、事前に読むべき論文のダウンロード、コースガイドを確認、クラスごとの連絡グループチャットに登録…などなど。

たいてい、第一週目からガンガン講義に入るので、試験方法や日時、点数配分や評価方法などは自分で確認するように言われます。

今学期取った科目では、小テスト&提出物で100%成績が決まる科目がありました。コツコツ派には嬉しい!!!

それ以外の6科目は、中間テストの試験が4割、期末6割で成績が決まります。中間でだいたい満点かそれに近い結果が出ると、期末のプレッシャーが減ります。最低でも5割取れば単位は出るのでね、中間でスコア貯金をしておきます。楽しい年末を過ごしたいので(笑)

最近、友人が私の読んでいた昆虫の本に興味を持って、その同じ本を読み始めたと聞きました。なんだか嬉しい。『バッタを倒しにアフリカへ』という本、おすすめです。

さて、今日は履修登録の日でした。マレーシア時間8:30~だったので、朝七時過ぎに起きて指の準備体操をしていました。クリック戦なので、ガチガチガチ!!と左クリック。
気合入れすぎでは?と思われたかもしれませんが、最近ちょっと事故で右手に穴がいくつか開いていて、今も包帯巻き巻き右手だけボクサーみたいになっているので、日常生活が大変で。麻酔を打った時が痛みのピークでした。病院帰りにローソンへ行った時はお財布が開けられず、レジの親切なお兄さんに助けてもらいました。かたじけない。


そう、話が脱線しましたが、履修登録は手が不自由とかそういう事情に関わらず同じスタート時間です。システムが変わっているので、やや不便でした。タイピングをすると手が疼くし…
結局、今学期は20単位分になりました。7科目。6科目(3単位/科目)は必修です。

1科目は言語学部から中国語を取りました。これは、2単位分。本当は教育学部の音楽教育の科目が取りたかったのですが、時間割で必修科目とクラッシュしてしまったので諦めました。たまたま、中国語が一枠残っていたので滑り込みセーフ。中国語は勉強しているので、あまり不安は無いかも。

私の学科では卒業に確か126単位必要で、そのうち他学部から取らないといけない単位は2単位だけなんですよね。少ない。しかも開講科目にやや偏りがあって、アラビア語がめちゃくちゃ多かったり、医系は少なかったり、ダンスのクラスがあったり…(マレーシアの伝統ダンスは超人気科目)

また、必修のテクニカルライティングという英語の講座は、今学期席が取れなかったので来学期に持ち越しです。講座の難易度をレーティングした非公式の鬼仏表などはないので、先輩に「テクライはどうでしたか?」と聞いて回っていました。ある他学部の理系の先輩は「Dr ○○の講座がいいよ、だって先生イケメンだから」と言っていました(笑)男も惚れる男らしいです。開講時間が夕方~だったので、私はその講座はパスしました。これは三時間ぶっ通しの授業なので、夕方は体力が残ってなくてへとへとになるので。来学期は、朝のクラスを取れますように。

ひとまず履修登録、お疲れ!!午後は新入生オリエンテーション実行委員のミーティングです。私のボス(委員長)が出るので、自動的にアサインされています。秘書です~。

月曜日、右手が死んだサイですこんばんは。

今日は手の簡単な手術をしたので、手がズキズキしています。保険適用なので、五千円くらいでした。(日本にいるうちに治療できてよかった)

今は包帯巻き巻きなので、ローソンに行った時はお財布の中からお金を出すのに難儀しました。でも、レジのお兄さんが優しかったので、お財布の小銭入れに直接お釣りを入れてくれて助かりました。はじめてのおつかいみたい。おもいやり。

ご飯はお箸を使って、左手で食べています。左手を制御する右脳は、ひらめきを生む脳みそらしいですね(本でよんだ)。なので、怪我の功名的に私の直観力が上がるわ~と思っています。

あと、ケガした後ってあんまりお酒を飲むと止血が云々かんぬん聞くので、今日はレモンサワー1杯と塩から揚げにとどめました。町医者のおじちゃん曰く、『そんな、切ったてゆうて、ちょーーっとやんかぁ。そんなん、三週間あればくっつくやん』らしいです。なので、お酒も適度に楽しみます。


さて、今日は、あーちゃんに連絡して履修相談に乗ってもらいました。

あーちゃんは学務課の人間か?というほど履修登録全般に明るいです。助かります。そんなこともあって、あーちゃんを中心に、ノル君とルークらが新入生の履修登録相談窓口になっています。学部会ではルークが私のボスなので、自動的に私も新入生オリエンテーション実行部に入っています。

今は学生からくる質問に答えるのが主な仕事ですが、私に割り振られる質問は『マレー語喋れるんですか~~』とか。あはは。

履修登録関係ないね~と思いつつも、私の持てる全てのマレー語ボキャブラリーを駆使して渾身のダジャレを披露しています。たいてい、そういうレスポンスは予想の斜め上なので、ふふふ、と笑ってくれます。いや、みんな優しいから笑ってくれるだけかもしれない。

優しさしみる。

気が付けばあっという間に九月も終わりに入っていました。夏休みの間は、生徒会と学生団体の活動が色々あったので忙しかったのですが、友人と一緒に遊びに行ったり、(細々と)バイオリンの練習をしたり、色々充実していました

履修登録がもうすぐ始まるので、もう夏休みはおしまい。今は来学期に取りたい科目をリストアップして、日課表を作っています。Coreが3科目9単位分、Electiveも3科目9単位、あとはマイナー科目を一科目取りたいです。合計21単位分。先着順なので、履修登録戦になります。

Coreというのは、必修です。今学期は、国際関係理論社会運動と民主主義外交政策分析を取ります。先の学期は、国内・地域政治の内容が多かったので、今学期はより視野を広げた広い範囲を学ぶことになりそうです、楽しみ。

でも、外交政策分析はとても難しいので、先に邦訳版の教科書を読もうかと思っています。英語の原文で教科書を読めればいいのですが、専門用語のコンセプトがつかみにくく、毎回インターネットで言葉を勉強することになるので、結局2度手間になるというか。。

Electiveというのは、学科の選択科目。今学期は安全保障に深くかかわる、現代戦略を取ろうかなと思っています。これは軍事戦略や戦争を学ぶ科目!!現代ということで、WW2~核兵器によって大きく変化した戦略について学ぶのだと思いますが、現地の先輩が基礎知識として孫子の兵法をじっくり読んでおいた方がいいよ、と言っていました。もう一度読み直そうと思います。

また、現代の戦争の手段は大きく変化しているように思います。先日読んだ新聞の記事に、『地上のカメラと衛星によって攻撃対象を追跡し、生じる誤差をAIで修正してピンポイントで無人攻撃した』というものを見ました。ほんの小さな記事だったのですが、今はこんな時代なのか、と知りました。小さいころ、米軍ドラマを見ていて「SFだなー」と思っていたことが、もうフィクションではないことに驚きました。

あとは、発展途上国政治を取ろうかなと思います。発展途上国では、民主主義の成熟度が生活にも関わっているのでとても興味深いです。マレーシアは民主主義の尺度で評すると、あまり芳しいとは言えません。選挙ある権威主義体制が選挙による民主主義に移行する過渡期なのかなとも思います。それは、住んでみても実感する部分です。コロナ禍だからという理由でどの程度まで私権を制限するか、とかね。

あとは、もう取れた科目を頑張ります。取りたい科目が全部取れることは稀で、あまり興味のなかった分野をしなくちゃいけないこともあります。講義内容や指定教科書・論文、ねらいや試験の得点配分などがまとめられたPro fomaという一覧表を照会できるので、それを確認しながら何を取るか決めています。

社会的救済の講義が取りたいなぁとは思っています。今、護られなかった者たちへという小説を読んでいて、日本の生活保護制度の欠陥について知ることがあったからです。マレーシアは自助・共助の役割が比較的大きいのと、イスラム教の喜捨の教えなども社会システムに影響を及ぼしているのでとても興味深いです。この講座では、社会保障制度とその歴史を学び、次にマレーシアの法律と憲法に照らしてケーススタディを進め、最後に今後の具体的な支援の在り方を考えるというコースのようです。

これが取れなかったら来学期取ります。

コーヒー。

このページのトップヘ

見出し画像
×