カテゴリ:
こんにちは。最近スクリーンと目の距離をなるべく離していないと、目が痛いサイです。久しぶりにブログを書こうかと思い立ち(今も期末試験の時間なんだけども)、今書いています。

まず、ブログの下書き記事をいくつか整理しようと思ったのですが、以前書いたQ&Aをこちらの手違いで削除してしまいました。はかない。内容はバックアップしていませんでした。この雑記ブログの中で有意義な情報に近い唯一のページが無くなりました。すみません。

話題は変わりますが、以前から勉強の中で統計が出てきて、私は統計の知識が無いので困ることがありました。今は統計の基礎の解説を読みながらちょこちょこ勉強しています。休みが来たら、腰を据えてこの分野を勉強しようと思います。

さて。何日前か失念しましたが(曜日感覚が無くて)、エッセイ試験が始まりました。一つ目は開発地理という科目で、半日で十ページくらい、コモンズの悲劇や宗教と地理の関係などのことについて書きました。

また、公共政策を考えるエッセイ課題もありました。授業でカバーした理論の応用だったのですが、なかなか筆が進みませんでした。これは今日提出しました。

試験前から試験期間は、朝起きて午前中三時間半、午後に三時間、昼寝を挟んで夕飯を食べ、それから三時間くらい勉強しています。興味深いな~面白いな~と思えるので幸いです。また、時間を見つけて友人と電話をしたりのんびりした話をすることが、とてもいいリフレッシュ。

最近、眠気覚ましのためにカフェインを大量に摂取することをやめました。夕方には眠気が来ますが、その時には勉強をやめて昼寝をすることにしています。全体の休息の質が上がって、疲れがだいぶ取れるようになった感じがします。


今は、世界史と政治経済に近い内容の試験を受けています。こちらもエッセイ形式ですが、理論を押さえるタイプの科目です。私は比較的そのような形式が好きなので、政策エッセイよりは書きたいことがまとまりやすいです。


中間テストまでの成績がぽつぽつと発表され始めました。
週末にまた成績発表があります。期末試験は残り一科目!もうひと踏ん張り!

カテゴリ:
最近、納豆が主食のサイです。今日はプロテインゼリーも食べたので、お昼ご飯までにタンパク質27gを摂取しました。今年こそはマッチョになりたいです。

さて、今日は早起きしたのでランニングと花壇のお手入れをしました。そして朝ご飯におにぎりともずくスープを飲んで勉強を8:30から始めました。良い一日。

最近大学のオンライン学習システムの調子が悪いです。テストも順延になって期末対策もろくにできずに、課題提出も遅れそうでちょっとイライラしている私に、三年生の先輩は、「ようこそ大学へ。大丈夫や」といってくれました。

そんなもんか、と思うと気長に待とうと思えます(笑)
テクニカルチームに以前深夜までログインの問題を対応してもらって、Microsoft365のトラブルも解決してもらったので、とても丁寧な仕事をされているのを知っています。その時にリモートワークだから大変だと仰っていたので、ぷんぷんしている私がちょっと幼かったっす。反省。


授業三時間の後に、今日は散歩に行きました。新しいコートとニットをおろしました!

夕方、システムが戻ったので私宛に届いていたソ連崩壊の質問(担当)に返信しました。いつも大量に質問がきてすべてが興味深いのですが、特に、ソ連のリーダーの各政策と人柄や特徴などのソフト面に関する質問がきて変な汗が出ました。

ソ連の指導者の名前をリストアップし、代表政策等をまとめ、論文を読みソフト面を追加で調べ(酒類追放をした背景とか、性格など)、質問から12時間後に回答を送信しました。

今、この瞬間ソ連のことについて近所で一番詳しい気がします。個人的にこのトピックが興味深くなって、ゴルバチョフの自伝を読んだり、日本の研究者の本を読みました。ときどき何日考えてもやっぱり納得できないことも書いてあって、ああ自分にも意見があるのだなと気づいたりします。

さて!!日記。

夜、一時間半の課外の中国語クラス(来週四技能の試験がある。クラス一を目指しているゥ!)が終わった後、こたつに入って極楽の『世界ふれあい街歩き』イギリス編を見ていた。もう眠たいな、勉強バリバリ残ってるや、やばいな、今日は二時までには寝るぞ、と思っていたら、試験のことを思い出した。

先述のシステムの不調が原因で、復旧するまで順延とされていたけど、夕方に復旧してたな!そういえば!と思い出したのだ。その時点で、テストにアクセスできる時間制限まで一時間を切っていた。
テレビを見ている場合ではなかったので急いでテストを受けた。全部で30点分だった。

スコアは(選択問題のテストに限るが、これは回答を送信したら点をすぐに見ることができる)…満点だった。ワー!

いやぁ、これで、まだ、Aの可能性は残った。残りは最終課題で決まる。

最終課題は今まで提出した課題の中で一番長かった。グラフとか、文献リストとかも含めて、ワードファイル48ページになった。それはいいとして、問題は提出だった。

システムを通して提出するのだが、一定以上のファイルサイズは受け付けないらしい。私はそれを超えていた。
深夜に教授に質問するのは大変失礼なので明日朝一で別の方法でファイルを提出できるよう頼む。
締め切りは今週中なので急ぎではないし。

カテゴリ:
大学にはいくつかドレスコードが存在する。例えば。。。

1.髪色(派手なものは禁止)
大学のいたるところに貼ってあるポスターを見ると、真っ赤なシャツを着て金髪で長髪のかなりパンチのある写真がNG例として載っています。
私の先輩はパープルにしていて何も言われていなかったようなので、髪の明るさの基準が分かりませんが大学生としてふさわしい格好をすべきということなのでしょう。解釈に依存しそうなドレスコードです。

2.露出の多い服装NG
まあこれは大学に来る格好としてある程度の常識があればこれに抵触することはなさそうです。女子生徒であれば、袖のない服(所謂、タンクトップ)はNG。気を付けよう。

正直、こういう服装をしているとたいてい講堂の強烈な冷房に当たって真冬を経験する恐れがあるので、これは着ることはなさそう。日焼け対策としても、寒さ対策としても、上着を持っていないと生活できない気がします。

3.ダメージジーンズとミニスカートNG
私が小学校の頃、ダメージジーンズがすごく流行っていた記憶があります。
これらはちょっと露出過度なのでNGだと聞きました。ミニスカートに関しては膝上の丈を履いている子は大学でしばしば見かけた気がしますが、これも解釈によるものが大きい気がします。

4.講義の際は大学にふさわしい靴を。
流石に、ビーチサンダルで大学の講義を受けることはないと思いますがそういったカジュアルなサンダルはNGだそうです。所属している場にふさわしい格好をするというのは、社会に暮らす際のマナーであり、他者に対する配慮やリスペクトだと思います!

私は学生団体に所属していて、その定期ミーティングの際はオフィスカジュアルがドレスコードです。一方でインターンシップの際はスーツで、サークルの際は落ち着いた格好です。

プレゼンの時は、襟付きの服を選んだり、一方で同級生同士の話し合いなら私服だったり。

以上!ドレスコードでした!

カテゴリ:
月曜一限のテストが、おわった(まだこれはニュートラル)。

『大学一回で一番簡単な試験やからな.....』と情報を専攻している先輩に念押しされて挑んだ試験。ははは。
テスト対策のための講義のポイントをまとめて対策した。


まず試験の形式を。
30問の選択式。時間は50分。(いや~今までエッセイか短文記述だったから選択ってストレス少ない)
0.5P/問なので、計15点や。回答を送信して試験を終了すると、その場で点数だけ見ることができる。

満点取るぞ~と思っていたけど数問外した。間違えが2つ(どこを外したか見当がつかない)あるのと、絶対間違えたなという確信があったのが1。何故。

一問、問題が文字化けしていて、サイトをリフレッシュしても直らなかった。
お?これはみんなに0.5Pずつ配布かな?と思ったけど、そんな慈悲ないようで…ショック。

私はこの問題を間違えたと思う。悔しいね。でもたぶん、文字化けしていなくても自信がなかったと思うからまあいいか。
これが期末じゃなくてよかった。



これが中間テストの最後から二番目の科目だ!木曜日にテスト受けたら終わり。これはエッセイ。制限時間は短く、求められる文章量は多く、なお試験はすべてマレー語。

4か国語話者へのステップ!テストが満足する結果で終わったらデニムを一本買うと決めたので、今はそれをモチベーション維持に使っている。

楽しみ!

カテゴリ:
金曜日だぁ~~。嬉しい。やっと金曜日が来た。今日は授業が無いので、グループワークのミーティングを除いては時間がある

昨日は午後から受けた二時間の講義二つには宿題があったので割と時間がかかった。一つは倫理のエッセイで、もう一つはワードファイルが五枚からなる宿題プリント(小学生以来この言葉を使ってない気がする)になっていて、埋めていくタイプ。
どちらも授業終わりの一時間を宿題タイムにして、解答してファイルを添付して提出した。先生ごとに主に使用するプラットフォームが異なるので授業の移動はちょっと面倒かも。

Zoom(ほとんどいないのだがなんでだろ)、Teams(人気)、Google meet(二番人気)、などなど…?

グループワークの部屋準備(オンラインミーティングのURLを用意する)のは私の役目なのだが、私はGoogle meetを使っている。



昨夜は友人と話した!!彼女は留学して、アメリカの高校を卒業後、そのままトップ大学へ入った。ダブルメジャーで、二つの学士号のための勉強をしているが、高校の時既に大学で必要な四分の一の単位を取ったので(すごい)、お金と時間を節約するためにも早く大学を卒業するかも~とのことだった。

専攻がどちらも難しいので、どんな大学生活を送っているのか本当に想像できない。


このページのトップヘ

見出し画像
×